mori-noriの日記

46歳、車の運転免許を取り始めた日記です

【教習所】よく視野が狭いって言われます。。。

路上に出ると本当にいろいろなところを見ていないといけないんです。

道路の幅や制限速度も変わるし、信号無視してくる人もいるし、急に自転車や人が横切ったりもするし。。。ずっと乗せてもらっていた身分だったら一生わからなかったけど、運転しながら飲み物飲んだり食べたり、ちゃんと会話してくれてた人、ほんとすごい。(少しでもよそ見運転はまずいけど)その余裕があることに憧れる!

わりと誰もいない横断歩道でも人が渡ろうとしているのに見逃してしまい走行したり、左折するときに目視がしっかりできておらずあやうく通行者に接触してしまいそうになったりもしました。あーこわい! ひと呼吸ついてから「視野を広く、心も広く!」と呪文のように唱えて心を落ち着けます。

先日の追い越しの件以来、路上の恐ろしさを感じていましたが、急ブレーキの教習が意外とリアルで怖かったです。うちの教習所は、第一段階の初日と同様にシミュレーター機を使った講習でした。晴天で見晴らしのいい乾いた道路、雨の日、雪の日などで100キロ超のスピードを出し、どのくらいで止まれるかを体験しました。

いや〜、雪の日って本当に止まらないんですね。。。これは怖い。それに路上では最高60キロしか出していませんでしたが、100キロ超出すのもけっこう大変なんですね。実家に帰る時は高速道路を使うつもりでいますが、こんな調子でうまくのれるでしょうかねー。

 

でも、卒業したら隣に先生がいないんだもんね、怖がってないでいまのうちみっちり勉強しなきゃ。

 

セミが鳴いてます……。

自宅の周辺には保護樹木に認定されているクラスの大きな木がバカスカ立っていまして、10日くらい前からミーン、ミーンと鳴く声が聞こえてきていました。

まだまだ雨が降ってるし聞き違いかななんて思ってたのですが、カンカン照り&30度越えの夏日になるとその声は大合唱に変わりました。

要するに10日前はソロコンサートだったのに、もうセミフェス開催ですよ〜。

梅雨が明けると夜中までオールで鳴き続けます。

 

それもこれも種を残すため、セミにとっては命がけの作業です。

 

実は私も仕事で少しハードル高めの要求をされそうな雲行きになってきました。仕事相手は中学生が博士くらいのレベル差。でも、なんとかくらいついてゴールにたどりつければ、一皮むけそうな気がしています。頑張れるかな、怖いな、でも楽しんでやりたいな。

 

そんな気持ちでいると、ひと夏シャカリキに鳴くセミも他人事とは思えません。毎晩朝まで鳴いちゃうけど、今年は許すよ!

 

 

そうめんと焼き野菜なら毎日でもいい

今週のお題「そうめん」

 

やってきました、そうめんの季節。

一般的には「今日は食欲がないからそうめんでいいか」とか「何もないからそうめんでいいか」など、居酒屋に入った一杯目くらい「とりあえず」感が強いそうめんですが、私にとってはメイン候補の大本命・夏はメインにしているほど大好きです。

お気に入りは島原そうめんですが、兄が毎年お中元で送ってくれるちょっと高級な揖保の糸ももちろん大好きで、おいしいから大切に食べています。

とはいえ、ひとりで3束くらいはぺろり。がっついて食べて素麺を喉に詰まらせたことすらあります。

 

とくにナスやトマト、ピーマンにインゲン、とうもろこしなど夏野菜をちょっと多めの油を敷いたフライパンでバーンと焼き、アツアツのまま薬味たっぷりの冷え冷えそうめんと一緒に食べるのが大好物。

とろ〜りとろけるナス、焼いて旨味が増し甘酸っぱいトマト、焼いてなお食欲をそそる香りで誘うピーマン、そして歯応えと甘み、青臭さや香ばしさのインゲン&コーンに、キーンと冷えた喉越しのいいそうめんのコンビったら、それはもう!

6月に入ったら近所の直売所にも徐々にトマトやきゅうり、インゲンが出始めました。まだ生食したり、茹でたりして食べていますが、完熟トマトが出始めたらボチボチ焼き野菜のシーズンだと思っています。待ち遠しいなあ。

余談ですが、「素麺に天ぷら」の定番も大好きです。

一人暮らしを始めたばかりの頃は、酔うと天ぷらを揚げてしまうヘンな癖があり、起きるとてんこもりになった天ぷらにはラップがかかっていて「誰かしら」とドキドキしたこともありました。

天ぷらもいいですけど、自分で揚げるには暑さが堪えます〜。台所も汚れます〜。

酩酊しながら天ぷら揚げてる昔の自分がコワイ。。。

 

 

 

 

 

【教習所】路駐車の追い越し&ウインカー消えない問題

路上に出て数回、とりあえず順調です。

 

むしろ先生方に「第一段階は苦戦したみたいだけど、上手に乗れてるよ!」と褒められることも多く、完全にのぼせていました。

基本的に人が少ない平日の9〜12くらいをメインに乗車予約を取っていたので、教習コースが駅前を通る時は飲食店の前に搬入のためのトラックやバンが路駐をしていることが多いんです。

 

路駐車を追い越すときに前後方、左右の安全を確認してから追い越す3秒前にウインカーを出してすぐ消し、元の道路に戻るためにウインカーを出してすぐ消す、この動作がとても苦手でして。

止まっている車の横を通過しているときにドアが開いて中から人が出てきたら接触してしまうので1m程度車間距離を開けなければなりませんが、センターラインから少しはみ出てしまうのが怖くて、路駐車のギリギリを走行したり、徐行してしまったりして注意されました。

あるときはウインカーを元に戻したつもりが強く押しすぎるのか、点灯が消えなくなってしまい慌ててしまうこともありました(これは今もたまにあります。コツが知りたい)。

走行中、車線変更のときもなだらかに移動しなければいけないところ、急に入ってしまって他のドライバーさんを驚かせてしまったこともあります。

狭い道だとセンターラインギリギリになるのが怖くて、ついつい左側によりがちなところも注意されました。歩行者や自転車にも注意しないとですね。。。

まだ速度を守ることや走行ライン、対向車・歩行者・自転車への注意、信号、交差点などなど所内コースとは違ういろんな注意に気を配れない私がいます。視野が狭いんですね・・・。

 

 

アレもコレも中途半端……のときは昼寝&入浴でリセット

雲がどんより、たまに小雨がパラパラみたいな日にはため息が出ます。

そのくせ、日頃からつけている「やりたいことリスト」には解消できていないものもたくさんあり、やらなきゃと思うほど体が重くなります。

今日、午前中には終わるはずだったコトも何か思いついては脱線&より道を繰り返し、片付いたのは16時すぎでした。やれやれ。

こんなふうに脱線&寄り道が多いときはほかに心配事があったり、ミッションを早く達成することばかりに気持ちが向いてしまい、それがかえってプレッシャーになっていることが多いです。

あっちもこっちも少しずつ手をつけてはやめるから、家の中も散らかってしまいました。こんなときは思い切って短い昼寝をするに限ります。

30分だけ横になって時間が来たらだるくても一度やることに向き合ってみました。

……それでも、やる気はそれほど続かないんですけどね。

こんな日もあります。

今日はバブを入れてゆっくり湯船に浸かったら、体が温まって軽くなりました。

蒸し暑いからシャワーで済ませていましたが、こういうときはお風呂が特効薬ですね。

 

 

できることを少しずつ、明日も頑張ります。

【今週のお題】ラクダの気持ちになりました。

 

 

今週のお題「やる気が出ない」

今日の昼間は26度にもなりました。

本当は家でいろいろとデスク周りのことをしたかったのですが、天気予報で「今後は梅雨のようなはっきりしない天気が続きます。今日の貴重な晴れを有効に使って!」と言っていたので、洗濯を2回したところで洗剤が切れてしまいました。

いつもなら「明日にしようか」となりますが、朝に見た天気予報が頭をかすめまして重たい腰を上げて駅前まで買い出しに出かけました。

出かけてしまえば、ついでにあれもこれもになりがちな私。鶏肉屋さんで特売の鶏モモ肉3枚、スーパーでなぜか靴下3足とハンカチ1枚、ビール、洗剤2つ(大容量の詰め替え用)、1キロのスパゲティ。これまた帰りに八百屋さんに寄ってゴボウやらじゃがいもやらを買い、おそらく総重量10kg以上の大荷物になりました。

八百屋さんから自宅までは徒歩15分ほど。カンカン照りの中、がんばれ、がんばれと自分を鼓舞しながら家路へ向かっている中、ショーウィンドウに映った姿を見ると、体を引きずるように歩く姿はまるで砂漠のラクダのようでした。

家に着くとどっと疲れてしまいましたが、何が何でも今日中に冬物を洗ってしまわねば! 根性で洗濯しました。昼ごはんを食べるとさらに体が重くなりました。少しだけ、少しだけと誰にしているのかわからない言い訳しながらウトウト。時間がわからないと困るので、ラジオをつけて眠りました。

少し冷たく乾いたこの時期らしい風が気持ち良くて、30分たっても起き上がれません。

寝付きが悪く、睡眠不足のせいかもしれません。

ちなみに今朝はぬるめの温泉に浸かって「やっぱり気持ちいいなあ」と満足している夢でした。リアリティのある夢をよくみるので、目が覚めてから夢占いでどんな暗示か調べてみたら「疲れている。でもそれが満足している様子だったなら、今、疲れの原因となっている苦労や努力が実を結ぶでしょう」というような内容でした。

そのせいかどうかわかりませんが、慌てて洗った冬物も夕方までには乾き、そのほか梅雨を迎える体制を整えられたのでとりあえずミッションクリアです!

夕飯を食べ終わったら、まただるくなってラクダの気持ち。。。今日は早寝します。

 

 

 

 

 

【教習所】運転免許も第二シーズン突入。ドキドキ路上デビュー

仮免試験の結果が開示されるわけではないので詳細は不明ですが、たぶんギリギリの合格ラインだったと思われる私の運転技術。

自信はありませんが、ここでモジモジしてても運転がうまくなるわけではありません。むしろ少しでも感覚を忘れないうちに教習を進めていくべきなのです。

というわけで、間髪入れずに学科&乗車予約をしました。

仮免の合格発表が金曜日でしたが、土日はおやすみして(いつも大混雑するので避けていました)月曜日の朝、ついに路上教習がスタートしました。

初日ということで、車のボンネットを開けラジエーターやエンジンオイルの確認方法などの説明を受けました。教習所の周りは交通量が多く、狭い道を通るので広い道く安全なところまで先生が運転してくれます。

初めて車を運転した時も怖かったですが、ついに人様の前で運転。とんでもないことしちゃったらどうしようと怖くて。すると先生が「失敗できるのは今だけだよ。危なかったらブレーキをかけるし、もし何かあったら先生のせいだから安心して運転してね」と言ってくださり、すこし落ち着きました。

それでも慎重にならずにはいられません。カーブでうんと減速し人にもモノにもぶつけないようにしようと思ったら、先生から「減速しすぎ、ここは信号が変わるのが早いからすっと曲がらないと」と注意され先生にハンドルを取られてしまいました。え、そうなの!とやっぱり冷や汗かきましたよ。

教習所内では「曲がり角は時速10キロまで減速」が徹底されていたのでその通りにやったのに。。。やっぱりシャバの空気は冷たいんですね。

それにしても、これまで何度か自転車で通ったことのある大通りを自分の運転で走れているなんて!とかなり舞い上がりました。すごい、私! とも思いました。わはは。

驚いたり、悲しくなったり、嬉しくなったり。1コマ50分の間にさまざまな感情が入り混じります。

だからいつもあっという間。授業が終わると緊張の糸が切れてどっと疲労が襲います。かなり緊張していたんでしょう、この日はうっすらと汗もかいていました。